パワー半導体検査装置/理科学機器

コペル電子は各種半導体検査機や検査装置、テスター・理科学機器などをお届けしています。
オーダーメイドのパワー用半導体測定器や検査器などをご紹介します。

パワー半導体検査装置・試験装置/測定器

■パワー半導体とは

 パワー半導体は、高電圧・大電流を扱う電子部品で、電力の変換・制御に使用されます。代表的なパワー半導体として、IGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)、MOSFET(メタル酸化物半導体電界効果トランジスタ)などがあります。これらは、電力供給、モーター制御、再生可能エネルギーシステム、電気自動車など、多くの分野で利用されています。

■パワー半導体の電気的特性検査装置とは

 静特性テスト装置: 電圧・電流特性、リーク電流など、基本的な電気的パラメータを測定します。
動特性テスト装置: スイッチング速度、スイッチング損失、逆回復特性など、動作時の特性を評価します。
熱抵抗測定装置: 半導体の温度上昇とその影響を測定し、冷却性能を評価します。
信頼性試験装置:長時間にわたって一定の条件下で動作させ、経時劣化を評価します。

■半導体検査装置の重要性

 パワー半導体は厳しい条件下で使用されるため、信頼性が非常に重要です。適切な検査を行うことで、初期不良の発見、製品の品質向上、信頼性の確保が可能となります。特に、自動車やエネルギー分野では、信頼性の高いパワー半導体が求められます。

■コペル電子の半導体検査装置

 コペル電子の主要製品は、IGBTやIPM、P-MOS FET 等のパワーデバイス(大電力用半導体) を主体とした各種半導体を対象とする静特性(DC特性) ・動特性(AC特性、スイッチング・タイム)・熱抵抗・パワーサイクル等のパワー半導体測定器/検査装置です。コペル電子の検査装置は、半導体の性能と信頼性を確保するための重要なツールであり、進化する半導体技術に対応して常に改良されています。

 

理科学機器 (ZEROCON – ゼロコン)

0℃の環境を長期間にわたって手軽に全自動で継続維持する装置です。

 


 上記製品および詳細ページに記載の製品は、弊社製品の一例としてご覧ください。ほかの多くの製品はお客様との機密保持契約により、一般公開に制限がありますことをご了承ください。


 コペル電子では、半導体計測器を中心に、各種省力化機器、コンピュータ応用機器をカスタムメイドで製作し、汎用製品では得られない機能・性能をご提供しています。システム構築のご相談、お見積もりは下記までどうぞ。

営業部
E-MAIL: marketing@copernics.co.jp