位相補正器

複数プローブ併用時に必須の位相補正器

電圧プローブや電流プローブには、検出器の特性やケーブル長による信号遅れ時間があります。
異なる信号間の時間差を測定したり、電流・電圧波形からエネルギー損失を計算する場合、
プローブ毎の遅れ時間の差が誤差の原因となります。

CSQ-350™は、200V 100Aの同相パルスを出力し、ユーザーはオシロスコープで波形の立上りポイントを観測するだけで
ご使用のプローブの遅れ時間をチェックすることができます。
時間差があった場合、オシロスコープのスキュー補正機能で位相を合わせることが可能です。

波形の比較
透過回路
博士たち

 

●位相補正が適切でない場合、何が起きるのか
オシロスコープの電流・電圧波形から電力を算出するケースを想定します。

電力

 

 

●仕様

位相補正器パネル

型式 CSQ-350
出力電圧 200V
出力電流 100A
出力コネクタ ■電圧観測用:SLB-4、BNC ■トリガ用:BNC
対応電圧プローブ 受動(パッシブ)プローブ、差動プローブ
対応電流プローブ ロゴスキーコイル、カレントトランス、その他
パルス出力時間 15μs
寸法 W291×D248×H147(ゴム足含む) [mm] (突起部含まず)
重量 4.5kg
電源 AC100V 1.5A MAX (アイドル時0.2A以下)